若者の使い捨てが疑われる企業、9月に集中的な監督指導

厚生労働省は8月8日、若者の「使い捨て」が疑われる企業について、9月を「過重労働重点監督月間」とし、集中的に監督指導をおこなうと発表しました。

 

具体的には、労働基準監督署及びハローワーク利用者等からの苦情や通報等を端緒に、離職率が極端に高いなど若者の「使い捨て」が疑われる企業等を把握し、監督指導を集中的に実施するとしています。

 

<重点確認事項>

・時間外・休日労働が 36 協定の範囲内であるか

・賃金不払残業(サービス残業)がないか

・長時間労働者については、医師による面接指導等、健康確保措置が確実に講じられるよう指導

 

http://www.mhlw.go.jp/file/04-Houdouhappyou-11202000-Roudoukijunkyoku-Kantokuka/0000014881.pdf