3月1日よりトライアル雇用奨励金の対象拡大。育児でブランクのある人も対象に

2014年3月1日から、トライアル雇用奨励金の支給対象が次のとおり拡大されます。

赤字の部分が改正点です。

 

<紹介要件>

・ハローワークの紹介

・一定の要件を満たした民間の職業紹介事業者や大学の紹介

 

<主な対象者の例>

・ニート

・フリーター

・母子家庭の母等

・父子家庭の父

・生活保護受給者

・日雇労働者

・ホームレス

・学卒未就職者

・育児等でキャリアブランクのある者 など

 

トライアル雇用奨励金は、職業経験、技能、知識等が不足していることなどから就職が困難な求職者をトライアル雇用(試行雇用)する事業主に、奨励金が支給されるものです。

常用雇用への移行を前提として、原則3ヵ月間の有期契約により雇い入れた場合に、1名につき月額4万円が支給されます。

 

↓トライアル雇用奨励金のパンフレット(旧パンフレットのため対象は拡大されていません)

http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/dl/trial_koyou_leaflet01.pdf